手作り結婚指輪の相場は? - 手作り結婚指輪の相場は?

手作り結婚指輪の相場は?

結婚とは、今まで別々の環境で育ってきたふたりが、ともに一つ屋根の下に暮らすことになるのです。
また男性側、女性側の家族がともにつながる事にも大きな意味があります。
子孫繁栄、こうやってつながることにより、今の私たちが存在するという事です。
そのくらい結婚というのは自分たちだけの問題ではなく今後の未来へもつながっていく、大切な節目でもあるのです。

そんな結婚というと様々な準備が必要になります。
結婚式の準備や、婚約指輪、結婚指輪、ウエディングドレスなどなど....。
カップルにより様々ではございますが、色々な準備が必要になります。
また婚姻届を提出したり新居を決めたりという、新生活に向けた準備というものも必要になるわけです。

そんな中で結婚指輪というものは、とても歴史のあるものになります。
日本に結婚指輪の制度が浸透したのは戦後と言われております。
戦後、外国の文化が急激に入ってきたあの頃です。
結婚指輪も一緒にそのころ日本に入ってきたようです。

日本では戦後に入ってきた結婚指輪ですが、外国ではもっともっとずっと昔、時代は9世紀にさかのぼります。
9世紀ローマ教皇ニコラウス一世が最初にこの結婚指輪を始めた人と言われております。
それよりももっと昔は、なんと結婚指輪は妻になる人をお金で買いましたよというあかしだったとか。
指輪をつけられた妻は売約済みといった意味でつかわれていたとはびっくりですね。
9世紀のローマ教皇ニコラウス1世は妻との永遠の愛を誓い合い、丈夫な鉄の結婚指輪を身に着けていたそうです。
このころはまだ貴族のような身分の高い人たちしか結婚指輪は定着しておりませんでしたが、11世紀ころには花嫁さんには金の指輪、花婿さんには鉄の指輪をそれぞれ交換するという儀式が、一般の方にも広まっていたようですね。

また結婚指輪を左手にするというのにも深い意味があるようです。
左手の薬指は心臓の血管とつながっていると考えられており、永遠に続く鼓動とともに愛も永遠に続くようにという意味があるようです。
また結婚指輪の円も途切れる事の無い愛の形、そして結婚指輪の素材は昔は鉄を使っておりましたが、今は金やプラチナといった固い素材、丈夫な素材が使われているのも強いきずなや永遠に壊れる事の無い愛の象徴です。

そんな大変意味のある結婚、そして意味のある結婚指輪は今まで伝えられてきていることも納得できますね。
結婚指輪が日本に戦後入ってきてからは、日本は高度経済成長時期に突入しました。
そしてバブル期には、結婚指輪や婚約指輪は大変高額になりました。
お給料の3か月分と言われた時代がやってきます。
3か月分のお給料を指輪に充てるのですから大変な金額ですね。
そんな時代から時も進み、今はまた変わってきております。

それでは結婚指輪の相場ってだいたいいくらくらいなのでしょう。
結婚指輪の相場はお店により、またブランドにより違ってきます。
そして近年流行りの手作り結婚指輪はお店(工房)によりかなり違ってきます。
手作り結婚指輪とは、自分たちのお気に入りの結婚指輪を手作りすることが出来るのです。
そんな手作り結婚指輪の相場こそお店により違いますので、お店選びは慎重にしていきたいところですね。

お店により相場は違いますが、金額的には手作り結婚指輪は、2万円台から作ることが出来るようです。
結婚指輪は高いイメージしかありませんでしたので、手作り結婚指輪にすることによりかなりコスト的にも下げることが出来るのです。
また値段だけではなく手作り結婚指輪にはどんなに高い値段の結婚指輪よりも価値のある結婚指輪を作ることが出来るのもうれしい事ですね。

手作り結婚指輪はデザインから自分たちで考え、作ることが出来ます。
またある程度デザイン例みたいなものもございますので、その中から選ぶという事ももちろんできます。
形を作り、少しずつ成形をしていきます。
もちろん職人さんのサポートがございますので、安心して初めての方も結婚指輪の手作りすることが出来るのです。

また結婚指輪を作っているときの出来事は鮮明に、結婚指輪に刻まれていくことでしょう。
たとえば、結婚指輪を作った帰りに立ち寄った雑貨屋さんの思い出や、結婚指輪を手作りした帰りに寄ったお洒落なカフェやおいしいお食事などなど。
その記憶も共に結婚指輪に刻まれていきます。
結婚指輪を手作りするときに、ついでデートが出来るような場所で作るのもおすすめです。

また手作り結婚指輪は相場に関係なく、値段をコントロールすることが出来るのも一つの魅力です。
相場に関係なくコントロールできるってどういうこと?
と思われるかもしれませんが、素材や石の数など、手作りなら自由自在に作ることが出来るのです。
手作り結婚指輪は自分たちで値段をあらかじめ決めてから指輪を作ることが出来るので、そんなところもうれしいポイントですね。
結婚指輪の相場はお店によりまちまちという事ですのでしっかりと納得のいくお店選びが必要ですね。
結婚指輪こそ、手作りに相応しい、、自作するならココ。 結婚指輪 手作り

新着情報

知っているようで知らない!宝石のお値段

結婚指輪についている宝石のお値段は?

結婚指輪に光り輝く宝石。見るだけでも、思わずうっとりします。宝石がつくと、結婚指輪のお値段は高めになるのは否めません。しかし美しい宝石を目にすれば、どうでもよく感じるでしょう。
では宝石単体は、いくらのお値段がついているのでしょうか。宝石の値段を知ったからとはいえ、どうというわけではございません。ただ「ちょっとした豆知識」として、捉えていただければと思います。なお今回取り上げる値段は、2024年時点のものになります。
≫ 『知っているようで知らない!宝石のお値段』

模様へのこだわり!縁起が良い模様特集

アニメで有名になった市松模様

日本は昔から、模様に対して強いこだわりがありました。例えば「市松模様」。2色の正方形が規則正しく並んだ模様が、特徴的です。同じ模様が永遠と続いていることから、子孫繁栄の意味合いがあります。アニメのキャラクターを象徴する模様として、一時話題になった市松模様。でも模様そのものは、かなり大昔から存在していました。
なお市松模様を取り入れた結婚指輪も、存在しております。全体的にシンプルなデザインですが、市松模様がきいて独特の風味がございます。
≫ 『模様へのこだわり!縁起が良い模様特集』

結婚指輪の相場より安い指輪を探して

結婚指輪の相場は30万円前後

大半以上の人は、生まれて初めての結婚指輪になるでしょう。相場は幾らかかるのか、全く検討すらもついていないと思います。年度によって多少の前後はありますが、相場として2つ合わせて30万円前後とみていいでしょう。30万円あれば、高級ブランドの結婚指輪の入手も可能となります。
ただ30万円の価格は、お世辞にも「安い」とは言えません。結婚は何かと出費が多くなるもの。そんな中での30万円の出費は、頭が痛くなるでしょう。
≫ 『結婚指輪の相場より安い指輪を探して』

可愛い結婚指輪が欲しい人の為に…

可愛い結婚指輪が欲しい!

可愛いデザインの結婚指輪は、見ているだけで癒されます。しかし「可愛い」の範囲はあまりにも広く、意外と難しい部分があるのも事実です。
そもそも「可愛い」の基準は、人それぞれ。「可愛い結婚指輪」を提案したところで、全ての問題が解決するわけではございません。ただ「可愛い結婚指輪」を手にするためのヒントであれば、何かしらのとっかかりにはなるでしょう。可愛い結婚指輪を探している人のためにも、指輪探しのコツについてご紹介します。
≫ 『可愛い結婚指輪が欲しい人の為に…』

魅力的なカラーダイヤモンドの世界

カラフルなカラーダイヤモンド

ダイヤモンドは、地球上でもっとも硬い鉱物として知られています。どんなものにも揺るがない絶対的な存在感だからこそ、結婚指輪に重宝されているのです。
ダイヤモンドと言えば、無色透明の宝石を思い浮かべるでしょう。周囲の光を全て集め、輝きに変えるダイヤモンド。なぜダイヤが世界中の人の心を奪ってきたのか、説明するまでもないでしょう。しかし、ダイヤモンドは何も無色透明なものだけではありません。色がついた「カラーダイヤモンド」も、数多く存在しているのです。
≫ 『魅力的なカラーダイヤモンドの世界』